生前葬を上げる個人が最近は増えてきていますが、

生前葬には思いやりがあります。

それは、自分が気配りになった奴、あるいは睦まじい奴、
そういう方々に、直お別れを当てはまるということです。

そのため自分自身の人生に区切りをつけることができるのです。

そもそも生前葬は、誰もが言えるものではなく、
常に、死を間近にした人だけが譲ることができるお葬式だ。
気配りになった奴や、親しかった奴に別れを伝えることによって、
残りの人生をまた生き抜くことができるのです。

そうして、お葬式を自分のやりたいように演出することができます。

但し生前葬にも、問題はあります。
生きている内にお葬式を与える結果、遺族はしんどい機嫌をしかねません。

また多くの遺族が、生前葬を通じても、
亡くなられてからまたお葬式を授けることがほとんどです。
普通2回もお葬式を挙げることになりますので、金銭的にも精神的にも負担となってしまう。http://www.xn--t8j1a4b6ac3i1509ajq0c.com

神式のお葬式の時の「手水の儀式」には、決まった方式があります。

手水の儀は、「参拝の儀」とも呼ばれています。

手水の儀は、お葬式の時に葬儀の前に参列する人達の私を清めるための式事になります。

それでは、桶に入れた水をひしゃくですくいます。
すくった水で、両手を3回に分けて、すすぎます。

こういう桶に入れた水のことを、「御神水」と言います。」

ひしゃくで両手を洗ったら、次は水を左に受けて、
口元を洗い流します。
ぬれた口元は、真っ白でふきます。

手水の儀の後は、参拝だ。

参拝は、胸を2回下げて、柏手を2回します。
この時声を立てないように手法が重なるところ避けます。
若しくは声を立てないように静かに手法を併せます。
そうして最後に1回礼だ。

これは一般的に、「二一礼二拍手お辞儀」と呼ばれているものです。
また柏手の声を立てないようにすることを、「しのび手法」といいます。

柏手ですが、音を立てるとエチケット悪業にもなります。
そのため殊更用心深くください。家族だけの小さなお葬式の情報はこちら