生前葬を上げる個人が最近は増えてきていますが、

生前葬には思いやりがあります。

それは、自分が気配りになった奴、あるいは睦まじい奴、
そういう方々に、直お別れを当てはまるということです。

そのため自分自身の人生に区切りをつけることができるのです。

そもそも生前葬は、誰もが言えるものではなく、
常に、死を間近にした人だけが譲ることができるお葬式だ。
気配りになった奴や、親しかった奴に別れを伝えることによって、
残りの人生をまた生き抜くことができるのです。

そうして、お葬式を自分のやりたいように演出することができます。

但し生前葬にも、問題はあります。
生きている内にお葬式を与える結果、遺族はしんどい機嫌をしかねません。

また多くの遺族が、生前葬を通じても、
亡くなられてからまたお葬式を授けることがほとんどです。
普通2回もお葬式を挙げることになりますので、金銭的にも精神的にも負担となってしまう。http://www.xn--t8j1a4b6ac3i1509ajq0c.com